現役ナースの独り言 

病院のエピソードや、健康情報を伝えていきます。

薬の「副作用」というものは、ない??

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

薬には「副作用」というものがありますよね。

今回の感染症騒動で始まった予防接種には「副反応」

という言葉が使われています。

 

狙った「作用」以外のものを「副作用」としているのでしょうけれど

 

これってさ・・・・・・

 

毎回起こるわけではないのかもしれないけど

 

全部薬のいわゆる「作用」だよねwww

 

f:id:golden_holistic:20221123135447j:image

 

ねえ、「副」なの???

 

 

「副」に騙されてない??

「副」という文字に安心してない??

 

「作用」だろうが「副作用」だろうが

全部その薬の体内に入れたことで体内の中で起こる

「作用」であり「症状」なんじゃないの??

 

 

もちろん薬は飲んでもいいんですよ。

 

私だって、頭痛がひどい時には「ロキソニン」に頼ることもあります。

 

でもさ、正直言って必要ない「薬」が大量に処方されているのが

今の医療の現状です。

 

良心的な医師が「これは処方が必要ない」って説明しても

「この医師は何もしてくれない」と文句言ったり、

とりあえず「薬」というものを飲みたがる人、

処方されたがる人が一定数いるんですよね。

 

これらのことを根本的解決するのは

おそらく

「依存」をしないこと。

「損得勘定」を捨てること。

だと思ってますが、きっとそんな自覚なんてない人が大多数。

 

今まで私たちが受けてきた学校教育で、

そういう「自分で考えて行動する」ことを

捨て去られてしまっているんですよね。

 

なんか、おそらくこのまま書いても収集つかなくなると思うので

この辺にしますが(笑)

 

 

そんなことを思っています。

 

どうしたらいいもんかね・・・。

 

あ、でも

そういう「思考」こそが、私の「エゴ」なのかもしれないなあ・・。

 

とりあえず。

 

薬の「作用」も「副作用」も

全部、薬を飲むことで起こりうる「作用」って考えてみてね。