現役ナースの独り言 

病院のエピソードや、健康情報を伝えていきます。

教授以外の先生が全員買収されていた話

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

VIP病棟で働いていた時の話。


VIP病棟は1泊2日で一番安くて35000円のお部屋しかありませんでした。
個室ごとにトイレ、バスが付いていて、

お部屋の広さ(値段に)によっては、キッチンや応接間が付いていたりしました。



当時、私が住んでいたワンルームより、広くていいお部屋ばかりでした(笑)
なので、裕福な方しか入院して来られません。

 

高額の差額ベッド代を支払える人なら誰でも入院してくるので、

内科・外科・婦人科・泌尿器科・整形外科・皮膚科・耳鼻科・・・・

あらゆる科の方が入ってきます。

その分、いろんな科の医師も出入りするので、結構賑やかな病棟です。

 

そんな中、

色々なお金持ちの方を見てきましたが、
大きく分けて2パターンに分かれます。

・昔からのお金もち
・1代で築いたお金持ち(いわば成金)

 

昔からのお金持ちの方は、割と余裕がある方が多いのですが、成金の方は、いい意味でも悪い意味でもエネルギッシュでがっついています。

 

わかりやすいブランドで身を固めている方も、成金タイプが多かったです。
(※あくまでも独り言目線ですので悪しからず・・)

 



さて、成金タイプのIさん(奥様、某Fブランドロゴの柄上下のブラウスとワンピースとバックの組み合わせが印象的でしたw 全部F柄w)
腰の不具合で歩行困難となり、整形外科でVIP病棟に入院していました。

 

当時、大学病院は基本入院3ヶ月過ぎたあたりで転院を打診されます(病状にもよりますが)

リハビリしか残っていないIさんも、転院対象の例外ではありませんでした。

 

すると急にカンカンに怒り始めた奥様。

教授に向かって

「特別扱いしてくれないなら、今まで上げたお金を返してちょうだい!!!」

と詰め寄りました。

 

驚いたのは教授の方です。


整形外科の医局員(医師)を集めて

「Iさんの奥さんからお金をもらったやつは出しなさい」

と言ったそうです。

 

そうすると、出るわ出るわ・・・・教授以外の医局員、ほぼ全員が

なんだかんだとお金をもらい、黙って自分の懐に入れていたのですww

 

下ゴゴロでお金を渡す方も渡す方ですが、貰う方も貰う方・・・・

どっちもどっちですね。

 

この時は明るみに出てしまいましたが、

もしかしたら、医局ごと買収されてしまうパターンもあるのかもしれませんね。

お金で解決できることは解決しようとしますから^ ^

 

看護師は菓子折り一つも丁重にお断りするのに、この違い、なんたることよ。

 

なお、なぜ菓子折りをもらってはいけないかというと、

特別扱いできないから、とよく師長に言われました。

 

他の部署では流石に断ることはなかったので、何につけても特別扱いを求められる、VIP病棟だからだったのかもしれません。