現役ナースの独り言 

病院のエピソードや、健康情報を伝えていきます。

独り言は見た・・・医者も一人の人間

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

白衣の天使がいないように、

神様の医者もおりません。

 

みんな紛れもなく人間でございます(笑)

 

しかし、昔は「医者は神様」でした。

今でもお医者様は、ご高齢の患者様に慕われることが多いですね。


今回のお話は、そんなご高齢の方の夢を覚めさせてしまうので

これ以上読むのは勧めません(笑)

 

 

自称、若い方のみどうぞ!!

 

 

 

消化器内科外来でのこと。

 

医者の診察はいろいろあります。

 

「問診」患者の訴えを聞く
「視診」患者の体の観察

「触診」患者の体を触れる(腹部やリンパ節の状態など)

「聴診」聴診器で聞く

「打診」お腹などの患部を叩いて音で判断

 

ところがカルテが電子化してから、

これらの診察をあまりしてくれない!!

という患者さんの訴えもちらほら聞くようになりました。

 

(これらをしっかりやってくれるお医者様は、きっといい医師ですよ)


そんな中、

週に一回消化器内科外来を担当するK医師について、独り言はあることに気づきました。


20代前半の綺麗な女の子が

「吐き気と腹痛」でやってきました。

 

K医師は丁寧に、時間をかけて問診や聴診や触診をして、胃腸炎の疑いということで内服薬を処方。

 

女の子を見送り、次に来たのは70代後半の女性。

このかたも「吐き気と腹痛」

女の子と全く同じ症状でした。

 

一通り、ふんふんと70代女性の話を聞いた後、K医師はこう言いました。

「胃腸炎ですね。お薬出しておきますね」

 

70代女性は安心したように帰って行きました。

 

めでたしめでたし・・・

 

 

 

ってちょっと待ったあああああああああ!!

 

みなさん気づきましたか?

 

ね??

 

 

70代の女性には触診、聴診しなかったんですよw

 

ほんとこいつク●だなと思いました(言葉が悪くてすみません🤣)

 

 

独り言は聞きました。

「なんで若い子だけ触診とかするんですか??」

 

そうなんです。

K医師は若い女の子しか聴診触診しないんです。

しかもやたら時間をかけるww

 

K医師はヘラヘラ笑うのみでしたw

 

しかし、これは看護師しかわかりません。

20代の女の子も、70代の女性も、

自分がされたことが、きっとみんなにも同じようにされているのだろうと思いますよね。

自分以外の診察がどうされているかだなんて気もしないでしょうし、気になっても知る由もありません。

 

ということで、医師も一人の欲まみれの人間ですっていうお話でした♡

 

 

え??

あなたも聴診触診されなかったですって??

 

え?

あ、あ、まぁ

 

聴診触診する先生、少なくなったから、きっとそのせいだよ(^◇^;)

 

きっとおそらく多分、、、

 

 

ちなみにK医師は、、、

控えめに言っても、決してイケメンではなかったです←どーでもいい情報🤣

 

 

 

⭐️お知らせ⭐️

私が自信を持ってオススメするサプリメント
とりあえず1本試してもらえると体調の変化を体感できると思います。
有機ヨウ素、フルボ酸、ケイ素入り。全て天然素材。

golden-holistic.stores.jp

 

f:id:golden_holistic:20211129095726j:plain