現役ナースの独り言 

病院のエピソードや、健康情報を伝えていきます。

海外での●●の闇

こんにちは。

ナースの独り言です。

 



先日、このニュースを見て思い出したことがある。

www.yomiuri.co.jp

 

今から書くことは、かなり昔の話なので、記憶が曖昧なところもあるが、

あくまでも独り言の記憶の範囲で・・・ということ前提で読んでいただければと思う。

 

 

 

20年くらい前、Bさんが緊急入院してきた。

『腎移植後の拒絶反応』

ここまでは、まああること。

 

ただ、Bさんが普通と違ったのは、

「某国で移植してきた」

ということであった。

 

当時はまだ話すことができたBさん。

少しづつ話を聞いた内容によると

 

300万円支払って、そういう専門の(といっても表には出てない業者らしい)
斡旋を受けて、某国で死体腎の移植を受けたとのことであった。


移植後、日本で移植を受けた場合と比べ、あり得ない短い日数で退院させられ、もちろんフォローもなく、悪くなるまで放っておく形になってしまったとのこと。


※腎臓は2つあるため、一つとっても命にすぐ影響があるわけではない。
よって生体移植と死体移植があり、生体移植は主に親族間で行われる。
腎臓は割と亡くなった後でも、すぐ処置すれば、臓器の状態が良いまま他人に移植することが可能であり、若くして亡くなった見知らぬ方から移植を受けることも珍しくない。(これらはあくまでも20年前の知識です←最近はどんな感じなのかしら)


そのBさんの移植のエピソードも驚いたが、

もっと驚いたのは、傷口を見た時だった。

子どもが縫ったか?というくらいに縫い方が雑で汚いのだ。

それとも日本の縫い方が美しくて繊細すぎるならなのか??

とにかく、私はド下手な外科医でも、こんな素人臭がする縫い目を見たことがなかった。。。

 

結局、Bさんは拒絶反応で腎機能が低下。
透析再導入となった。

 

こんなはずじゃなかった・・・

と寂しそうにつぶやいていたのを今も忘れられない。

 

そして残念なことに、不衛生な手術だったのか、臓器がダメだったのか・・・・
敗血症になり、しばらくしてお亡くなりになった。

 

 

f:id:golden_holistic:20220813161152j:image

 

こういう仕事をしていると、普段は知ることのできない、人の人生を知ることができる。


透析室や腎臓科で働いていたこともあるので、

生体間であろうが、死体腎であろうが、
移植を受ける方のドラマは側で感じていましたし、何がいいとか悪いとかいう権利は私にはない。
(記事に書いてあるような、生きている人の臓器を売るのはもってのほかですが)

でも、Bさんのエピソードをここで書くことで、何か意味があるのかもしれない気がする、、、。

 

ということでシェアしてみました。

 

 

 

 

 

嫌われていた先生に誘われた理由

こんにちは。

ナースの独り言です。


若い頃は私はとっても正義感が強く、生意気で、
先生の一部には嫌われていたと思います(笑)

 


S先生もその一人。

S先生を思い出すことがあったので、ブログ書いてみました。


思い出したのはこれ。

 

あのお注射を進めている医師たちが、
お注射の会社からお金をもらってる!

と2年前に某SNSで騒がれていたんですよね。

 

最近またどこかで話題になっていて、思い出したのです。

 

「製薬会社からお金をもらっていた」というと、

昔のそのS先生がすぐ頭に思い浮かぶので

ここで調べてみたら

1年間で平均300万円くらいもらってました。

(仕事の報酬だと思いますが笑)

 

f:id:golden_holistic:20220807165803j:image

 

なんで自分がS先生に嫌われていたと思っていたかというと、

同期の友達(可愛い)には、めっちゃ話しかけて

常にスキスキオーラ放っていたのですが

私には一切近づいてこなかったからです(笑)

 

しかしながら、その嫌われていたと思われるS先生に一度だけ誘われたことがあります(笑)

 

 

その時のお話です。

 

 

さて、私は外来のS先生の担当についておりました。

20年以上前のことです。


医局の前には製薬会社の営業の方が、ずらっと並んで先生が通りかかるのを待っている時代でした。

製薬会社から医局旅行も忘年会のお金も全て出ていました。

(今はカレンダーやボールペンすらも、もらってはいけないのです。時代を感じます。)


そして、先生によって、同じような作用の薬・・・
例えば腎性貧血に対する治療薬を、

キリンの「エスポー」で処方する先生と、

中外製薬の「エポジン」で処方する先生とおりました。


それぞれの先生は、

それぞれの製薬会社から色々裏で接待されていたのだと思います。

 

さて、ある日、S先生の外来で診療介助していると、

S先生が誰かからもらった(患者か製薬会社の営業かは忘れた)

ちょっと厚い茶封筒(50万くらいは入ってたかも??)を

白衣の内ポケットに入れようとするところに遭遇しました。

 

あ!これ見ちゃダメなやつだ・・・と思ったら、

タイミングが悪く、目が合ってしまいました(笑)

そしたら、S先生は見たこともないような爽やかな笑顔を私に向け、

「独り言くん、今日は暇??寿司でも行くか??」

 

と言いましたww

 

 

寿司は魅力的でしたが、

タイプでもなく、

尊敬もできないS先生と

プライベートで食事に行く気に全くなれず、

速攻断りました笑

 


(白い小さな豚さんみたいな先生だったので。

まあ先生も私に断られてホッとしたと思いますが笑)

 

まあ、口止め料ですよね。

 

でも寿司は奢ってもらわなかったので、

ここでバラしてもいいよね(笑)

 

というお話でしたー笑





教授以外の先生が全員買収されていた話

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

VIP病棟で働いていた時の話。


VIP病棟は1泊2日で一番安くて35000円のお部屋しかありませんでした。
個室ごとにトイレ、バスが付いていて、

お部屋の広さ(値段に)によっては、キッチンや応接間が付いていたりしました。



当時、私が住んでいたワンルームより、広くていいお部屋ばかりでした(笑)
なので、裕福な方しか入院して来られません。

 

高額の差額ベッド代を支払える人なら誰でも入院してくるので、

内科・外科・婦人科・泌尿器科・整形外科・皮膚科・耳鼻科・・・・

あらゆる科の方が入ってきます。

その分、いろんな科の医師も出入りするので、結構賑やかな病棟です。

 

そんな中、

色々なお金持ちの方を見てきましたが、
大きく分けて2パターンに分かれます。

・昔からのお金もち
・1代で築いたお金持ち(いわば成金)

 

昔からのお金持ちの方は、割と余裕がある方が多いのですが、成金の方は、いい意味でも悪い意味でもエネルギッシュでがっついています。

 

わかりやすいブランドで身を固めている方も、成金タイプが多かったです。
(※あくまでも独り言目線ですので悪しからず・・)

 



さて、成金タイプのIさん(奥様、某Fブランドロゴの柄上下のブラウスとワンピースとバックの組み合わせが印象的でしたw 全部F柄w)
腰の不具合で歩行困難となり、整形外科でVIP病棟に入院していました。

 

当時、大学病院は基本入院3ヶ月過ぎたあたりで転院を打診されます(病状にもよりますが)

リハビリしか残っていないIさんも、転院対象の例外ではありませんでした。

 

すると急にカンカンに怒り始めた奥様。

教授に向かって

「特別扱いしてくれないなら、今まで上げたお金を返してちょうだい!!!」

と詰め寄りました。

 

驚いたのは教授の方です。


整形外科の医局員(医師)を集めて

「Iさんの奥さんからお金をもらったやつは出しなさい」

と言ったそうです。

 

そうすると、出るわ出るわ・・・・教授以外の医局員、ほぼ全員が

なんだかんだとお金をもらい、黙って自分の懐に入れていたのですww

 

下ゴゴロでお金を渡す方も渡す方ですが、貰う方も貰う方・・・・

どっちもどっちですね。

 

この時は明るみに出てしまいましたが、

もしかしたら、医局ごと買収されてしまうパターンもあるのかもしれませんね。

お金で解決できることは解決しようとしますから^ ^

 

看護師は菓子折り一つも丁重にお断りするのに、この違い、なんたることよ。

 

なお、なぜ菓子折りをもらってはいけないかというと、

特別扱いできないから、とよく師長に言われました。

 

他の部署では流石に断ることはなかったので、何につけても特別扱いを求められる、VIP病棟だからだったのかもしれません。

 

 

 

 

あの病気になったらどうするの??

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

昔一緒に働いていた人に、

とても心配性な方がおりました。

 

 

その方に聞かれたことがあるんです。

 

『独り言さんは、癌になったらどうするんですか??』

 

と。

 

 

私、そんなこと考えたことあまりなかったので、

 

『その時になったら考える』

 

って答えたんですね。

 

 

そしたら、とても不安を感じたようで(笑)

 

 

『早期発見するために、ちゃんと全身の健診した方がいいですよ!!』

 

と猛烈にアドバイスいただきました。

 

聞いてみると、

(いや、聞かなくても喋り出した🤣)

 

 

年二回、体中の悪いところがないかを調べているのだそうです。

 

そうすると安心なんだそうです。

 

 

 

 

うん・・・それはそれでいいと思う。

 

 

きっと性格と考え方の違いなんでしょうね。

 

ただ、私はその話聞いて、

 

病気が見つかるまで、毎年お金と時間をかけてそれをやり、

そして、毎回毎回結果が出るまで不安になるのか、、、

 

と、うんざりしている自分を想像してしまいました(笑)

 

 

同じお金使うなら、楽しいことに使いたいな♡

 

 

で、なんかちょっとでも見つかったら、それが治るまでずーーーーっと不安なんですよ。

 

そんなのイヤダァ、、、。

 

 

そもそも自分が癌にかかるかも、、、という思考が、癌になることを引き寄せる気もしますし、

 

『癌になったらどうしよう』

 

という考えに囚われて、毎日楽しく過ごすことができないのであれば、私的には本末転倒なんです。

 

『死』や『病』がいけないものでも、不幸なことでもないと思いますしね。

 

 

今や癌の治療なんて、たっくさんありますからね。

お金がかからない方法だってある。

 

病院で勧められる標準治療と言われるものは、ほんのごく一部。
(日本の標準治療は、他国ではもうやっていないという話もあります)

 

選択肢もたくさんあるんですよ。


私はあらゆる治療方法があると思うので、ガンはそんなに怖いものではないです。

 

 

もし、そうなったらそうなったで、

 

『仕方ない』

 

と受け入れて、その時にどの方法を選択して、どう生きていくかを考えていくことがしたいなぁ。

 

と思います。

 

 

あ、もちろん、不安になってもいいんですよ^ ^

 

「健診で安心できて、より普段の自分の人生が生き生きする」

のであれば、やった方が良いですもの。

 

・健診で不安を払拭したい、

・いやいや、そもそもそういうことを考えたくない

 

これらは自分で好きな方を選択できるんです^ ^

 

私は断然、後者だなぁというお話でした^ ^

 

 

 

こちらのブログもぜひ合わせて読んでみてください。

 

ns-monologue.com

独り言は見た・・・医者も一人の人間

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

白衣の天使がいないように、

神様の医者もおりません。

 

みんな紛れもなく人間でございます(笑)

 

しかし、昔は「医者は神様」でした。

今でもお医者様は、ご高齢の患者様に慕われることが多いですね。


今回のお話は、そんなご高齢の方の夢を覚めさせてしまうので

これ以上読むのは勧めません(笑)

 

 

自称、若い方のみどうぞ!!

 

 

 

消化器内科外来でのこと。

 

医者の診察はいろいろあります。

 

「問診」患者の訴えを聞く
「視診」患者の体の観察

「触診」患者の体を触れる(腹部やリンパ節の状態など)

「聴診」聴診器で聞く

「打診」お腹などの患部を叩いて音で判断

 

ところがカルテが電子化してから、

これらの診察をあまりしてくれない!!

という患者さんの訴えもちらほら聞くようになりました。

 

(これらをしっかりやってくれるお医者様は、きっといい医師ですよ)


そんな中、

週に一回消化器内科外来を担当するK医師について、独り言はあることに気づきました。


20代前半の綺麗な女の子が

「吐き気と腹痛」でやってきました。

 

K医師は丁寧に、時間をかけて問診や聴診や触診をして、胃腸炎の疑いということで内服薬を処方。

 

女の子を見送り、次に来たのは70代後半の女性。

このかたも「吐き気と腹痛」

女の子と全く同じ症状でした。

 

一通り、ふんふんと70代女性の話を聞いた後、K医師はこう言いました。

「胃腸炎ですね。お薬出しておきますね」

 

70代女性は安心したように帰って行きました。

 

めでたしめでたし・・・

 

 

 

ってちょっと待ったあああああああああ!!

 

みなさん気づきましたか?

 

ね??

 

 

70代の女性には触診、聴診しなかったんですよw

 

ほんとこいつク●だなと思いました(言葉が悪くてすみません🤣)

 

 

独り言は聞きました。

「なんで若い子だけ触診とかするんですか??」

 

そうなんです。

K医師は若い女の子しか聴診触診しないんです。

しかもやたら時間をかけるww

 

K医師はヘラヘラ笑うのみでしたw

 

しかし、これは看護師しかわかりません。

20代の女の子も、70代の女性も、

自分がされたことが、きっとみんなにも同じようにされているのだろうと思いますよね。

自分以外の診察がどうされているかだなんて気もしないでしょうし、気になっても知る由もありません。

 

ということで、医師も一人の欲まみれの人間ですっていうお話でした♡

 

 

え??

あなたも聴診触診されなかったですって??

 

え?

あ、あ、まぁ

 

聴診触診する先生、少なくなったから、きっとそのせいだよ(^◇^;)

 

きっとおそらく多分、、、

 

 

ちなみにK医師は、、、

控えめに言っても、決してイケメンではなかったです←どーでもいい情報🤣

 

 

 

⭐️お知らせ⭐️

私が自信を持ってオススメするサプリメント
とりあえず1本試してもらえると体調の変化を体感できると思います。
有機ヨウ素、フルボ酸、ケイ素入り。全て天然素材。

golden-holistic.stores.jp

 

f:id:golden_holistic:20211129095726j:plain

 

バリウムではなくカメラを薦める訳

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

健診の時期なのか、

SNSでやたら

『胃のバリウム検査してきました』

って投稿を目にします。

 

理由を聞くと、

 

胃カメラより辛くないから

 

でも、独り言的に言うと、

 

バリウム検査ってやるメリットがあまりないです。

 

しいてメリットを言うならば、費用が安いのと、オエって言う嘔吐反射がでないくらい。

 

 

独り言も昔、胃カメラが怖くてバリウムをやったことありますので、バリウム検査を選びたい気持ちはよくわかります。

 

ゲップを我慢するのは辛かったけど、

検査の時は宇宙飛行士の訓練みたいでちょっと面白かった。

下剤飲んでもなかなかでなくて焦ったけども、それ以外は、まぁこんなものなのかなって感じでしたしね。

 

 

ここ数年、仕事で胃カメラ内視鏡の検査につくようになり、もし検査を受けるならば、バリウム検査より、絶対胃カメラの方がいい!!とある2つの視点から確信しました。

 

それについてお話しますね。

 

 

理由その1

 

バリウム検査は、重晶石といわれる硫酸バリウムを飲んで、レントゲンで撮影するもの。

レントゲンの写真で胃の形をみて病気を見つける、というものです。

いわゆる影絵で病変を見つけるわけなので、本当にごく初期の表面の病変はわかりません。

ある程度凸凹がないと、判別できないんです。

 

 

理由その2

 

なんと、バリウム検査で引っかかると、もれなく胃カメラがついてきます。

胃カメラバリウムで指摘された部分を、見ましょうってことなんです。

胃カメラをやらない限り、本当に病変があるのか、どの程度なのかなどわかりません。

結局、胃カメラやらないと最終診断ができないなら、もう初めから胃カメラやった方がいいんじゃない??といつもバリウム検査の2次検査で胃カメラをやる患者を見てて思います。

 

 

理由その3

 

バリウムは速やかに体外から出さなくてはなりません。そのために下剤を飲まされます。

もし腸内に残ってしまうと、石化して腸閉塞を起こす危険性があります。

ちょっと怖いですよね。

 

 

理由その4

 

バリウム検査はレントゲン検査です。

いろんな角度から撮影するので、撮影は一枚どころでは無いと思います。撮った分、被曝します。

もちろん、人体に影響のない安全な範囲ってことなんでしょうけれど、できれば余分な被曝は避けたく無いですか??

健康を維持するための検査で、健康を害する可能性のものをわざわざ選択するのってどうなのかなって思います。これはバリウム検査に限らずですけども。

 

 

結論として、バリウム検査ってあまりやる意味がないような気がしています。

 

 

みんなはバリウム検査をすることで、検査したから大丈夫的な、会社の項目に入ってるからなんとなく、とか、健康を維持できてるような錯覚になるんでしょうけれど、本当に病変を早期で見つけたいなら胃カメラなんですよ。

 

 

今はカメラもだいぶ細くなりました。

うちの病院では鉛筆くらいの太さです(鼻用で口からもやる)

鎮静剤もあるので(私はあまり自分には使いたくないけど)昔よりも楽にできるんじゃないでしょうか。

 

 

まぁ、これで日本で胃カメラ検査が大量に増えても、

私には何のメリットもないのですが🤣

 

 

検査を決める参考になさってください。

 

 

 

 

⭐️お知らせ⭐️

私が自信を持ってオススメするサプリメント
とりあえず1本試してもらえると体調の変化を体感できると思います。
有機ヨウ素、フルボ酸、ケイ素入り。全て天然素材。

golden-holistic.stores.jp

 

f:id:golden_holistic:20211129095726j:plain

 

痛みと苦しみを体験する人とは

こんにちは。

ナースの独り言です。

 

 

これは私の考えなので、もしかしたら読んで下さってるあなたとは、全く違うことかもしれない。

 

でも、あー独り言さんはそうなんだって思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

私は、死ぬのは怖くないです。

 

もう人生の半分以上ナースやってきてて、

あの世に見送った人もたくさんおります。

 

あの世はある、というか、肉体の期限はあっても、【魂】はある基準を満たしていたら、永遠だと思うんです。

 

なので、死後の世界というものはあると思う。

 

ある基準というのは、自分の魂の思うまま生きているかということ。

 

自分の魂からかけ離れた生き方をした人は、本当の意味で【死ぬ】のだとある方から聞いたことがありますが、その通りだと思ってます。

 

 

自分を押し殺しすぎたり、悪魔と契約して意と反して悪事に手を染めてしまわなければ、永遠に【私の魂】は生き続けると思います。

 

 



 

 

さて、はじめにお伝えした通り、私は死ぬのは怖くないのですが、それまでの痛いのと苦しいのがとても嫌です。

 

非常に嫌です。

 

 

それらはどうしてもセットになりがちなので、どうにかならないかなぁと考えていたところ、ある仮説が浮かびました。

 

 

自分の肉体を脱ぎ捨てて旅立つことが異常に怖い人、受け入れられない人は、もしかしたら

 

『もうこんなのヤダ!こんなのだったらもう早く脱ぎ捨てたい!!』

 

と思わされることが起きるのではないか??と

 

 

旅立つために、

この世のあらゆる未練を捨てられるように、

痛みや苦しみで『もーいい。楽になりたい』と観念させられるのでは??

 

 

もちろんそれが全てではないですし、痛みや苦しみを体験したいって魂もあるとは思いますが、この独り言の仮説も、一理ある気がするのです。

(私が痛みや苦しみを体験したい魂だったらウケるのですが🤣まぁ違う意味では苦しい人生でしたが🤣)

 

 

いつでも帰れる準備OKです!

毎日楽しく悔いのない時間を過ごしてます!!

 

って人は、その時が来たら、スーッてあっちの世界の方が迎えにくるのではないかと思うのです。

 

お迎え仕様も人それぞれのオーダーメイド。

 

私は宇宙船かなぁと思ってますが(笑)

人によっては天使かもしれませんし、

観音様かもしれません。

縁あるご先祖様かもしれません。

 

とりあえず、

 

いつ何が起こってもおかしくないこの世の中、

いつ宇宙船が来ても、はい乗りまーすって言えるように、

毎日毎日を大切に過ごしたいですね^ ^

 

 

 

 

⭐️お知らせ⭐️

私が自信を持ってオススメするサプリメント
とりあえず1本試してもらえると体調の変化を体感できると思います。
有機ヨウ素、フルボ酸、ケイ素入り。全て天然素材。

golden-holistic.stores.jp

 

f:id:golden_holistic:20211129095726j:plain